堺市で任意整理に強い弁護士や司法書士とは?

堺市在住の方が債務・借金の相談するならどこがいいの?

多重債務の悩み

債務の悩み、借金の問題。
お金の悩みは、自分一人では解決するのが難しい、深い問題です。
しかしいきなり、弁護士や司法書士に相談するのも、ちょっと不安な気持ちになってしまうものです。
ここでは堺市で借金・債務のことを相談するのに、お勧めの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
インターネットを使って相談することが出来るので、初めて相談する方でも安心です。
また、堺市の地元の法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてください。

任意整理・借金の相談を堺市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の債務・借金返済問題の相談なら、この事務所がおススメです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いの対応も可能。
相談料金ももちろん0円!
借金の督促をSTOPすることもできます。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、借金や債務のことを無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付が可能なので、お金に困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、堺市に住んでいる方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の堺市近くにある法律事務所や法務事務所紹介

他にも堺市には法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

地元堺市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、相談しやすいのではないでしょうか。

借金返済の問題に堺市在住で悩んでいる人

さまざまな金融業者や人からお金を借りてしまった状況を「多重債務」といいます。
あっちからもこっちからも借金して、返済先も借入れ金額も増えた状態です。
キャッシング会社で限界まで借りたので、次は別の消費者金融で借金。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いをして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状況までなってしまったなら、だいたいはもはや借金返済が難しい状況になっています。
もはや、どうあがいても借金を返済できない、という状態です。
ついでに利子も高い。
どうにもならない、どうしようもない、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが一番です。
弁護士や司法書士に相談し、今の自分の状況を説明し、解決するための方法を提案してもらうのです。
お金の問題は、弁護士や司法書士知識を頼るのが良いではないでしょうか。

堺市/借金の減額請求って、なに?|任意整理

多重債務等で、借り入れの支払いが滞った状況になった場合に効果のある方法のひとつが、任意整理です。
現状の借り入れの実情をもう一度把握し、過去に金利の支払過ぎなどがあった場合、それ等を請求、又は今現在の借り入れとプラマイゼロにして、かつ今現在の借入れにつきましてこれから先の金利をカットして貰えるよう要望できるやり方です。
只、借入れしていた元本においては、ちゃんと支払いをする事が前提であって、利子が減じた分、過去より短期間での返済がベースとなります。
ただ、利子を返さなくてよいかわりに、毎月の払戻額は減額するので、負担が軽くなることが普通です。
ただ、借入れしているローン会社などの金融業者がこのこれから先の利息においての減額請求に対応してくれなくては、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士さんなどの精通している方に頼んだら、間違いなく減額請求ができると考える人もかなりいるかもしれないが、対応は業者によって色々であって、対応しない業者も存在します。
ただ、減額請求に対応しない業者はごく少数なのです。
ですから、現に任意整理を実施して、貸金業者に減額請求を行うと言う事で、借り入れのプレッシャーが大分減少すると言う方は少なくありません。
実際に任意整理が出来るだろうか、どんだけ、借金の払戻が楽になるか等は、まず弁護士の先生に

堺市|個人再生の手続きは、弁護士がいい?司法書士がいい?/任意整理

個人再生をおこなうときには、弁護士・司法書士に依頼する事が出来ます。
まず、司法書士に個人再生の手続きを頼む場合は、書類作成代理人として手続をおこなっていただく事が可能なのです。
手続を実施する場合には、専門的な書類をつくり裁判所に出す事になると思うのですが、この手続を任せると言うことが出来るので、面倒くさい手続きを実行する必要が無いのです。
但し、司法書士の場合は、手続きの代行処理は可能なのですけど、代理人ではないため裁判所に出向いた場合には本人にかわり裁判官に受け答えをすることができません。
手続を進める上で、裁判官からの質問をされるとき、ご自分で答えていかなきゃならないのです。なりません。一方弁護士の場合だと、書類の代行手続だけじゃなくて、裁判所に行ったときに本人に代わって返答をしていただくことが可能です。
弁護士は、個人再生を始めとする債務整理手続に慣れてる状況になりますから、質問にも適格に返答することができて手続がスムーズに進められる様になります。
司法書士でも手続を実行する事は可能ですが、個人再生については面倒を感じる様な事無く手続を行いたい場合に、弁護士に依頼を行っておいたほうが安心する事が出来るでしょう。